肩こりや頭痛

外反母趾とはいったいどのような病気だと思いますか??また「外反母趾とは?」という質問に対してどのような答えを出しますか??。
私の答えは「足の親指が外に曲がる」です。というか外反母趾とはそれだけの病気なのです。
たったそれだけのことですが、その曲がりがひどくなると足が変形して歩けなくなったり、痛みが伴い靴を履くもの困難になります。
痛みをカバーするようにおかしな歩き方をすると、膝や股関節までも痛くなり、その痛みは背中へとつながり、さらには肩こりや頭痛をも引き起こしてしまいます。
そして足が痛いと外出するのがおっくうになり、それで運動不足から肥満へとつながってしまいます。
このように外反母趾とは足の指が曲がるだけの病気にもかかわらず、その影響は全身へと及んでしまうのです。

しかし外反母趾の怖いところはそれだけではありません。
例えば痛みが我慢できずに、ハイヒールやパンプスなどをやめてスニーカーを履くようになったとしましょう。
たしかに痛みは和らいでいきますが、一度でも外反母趾になってしまうと歩くたびに指の曲がりが進行してしまうのです。
なので痛みが伴ってきたから改善する、では間に合わない場合が多く、若いうちから外反母趾についての知識をもって対処する必要があるのです。

では外反母趾になってしまったらすべてが手遅れでしょうか??そうでもありません。当サイトでもいくつか改善方法を紹介します。
外反母趾はひどくなると手術しなければならない場合もあるので、そうならない為にも正しい知識をつけてください。

出張マッサージを利用するなら東京で一番の店

コメントは受け付けていません。